日本の伝統工芸【ガラス細工】体験ができる

日本の伝統工芸【ガラス細工】体験ができる「きなりがらす」とは?

DATE: 体験する/

この記事は約5分で読めます
  • B!

大阪では、様々な所で日本の伝統文化を体験することができます。

皆さんはどんな体験をされたことがありますか?
体験自体が想い出にもなりますが、それが形として残るともっといい想い出になりますよね!?

そこで今回ご紹介するのは、大阪京橋にある「きなりがらす」というお店です。

伝統工芸「ガラス細工」体験
「きなりがらす京橋店」とは!?

ガラスを溶かしている写真
店内の商品写真

こちらのお店では、日本の伝統工芸の一つ「ガラス細工」を気軽に体験することができます。
体験で作った物を形として残せるので旅の記念にもオススメです!

体験の他にも店内では、職人が作った※「とんぼ玉」をはじめ、ガラス細工で必要な材料や工具なども販売されています。
要領を覚えて道具・材料を揃えればご自宅でも作ることができます。

※とんぼ玉とは!?

昔から日本のアクセサリーとして愛されてきた穴が開いたガラスの玉(ビーズ)のことで、手作りで作ったもののみを「とんぼ玉」と言います。

一番人気の≪とんぼ玉作り体験≫がオススメ!

体験中の写真

体験コースはいくつかありますが、今回は一番人気の『とんぼ玉作り体験』をご紹介!

こちらの体験では、バーナーでガラスを溶かし形を作っていきます。
「火を使うとなると危険なのでは!?」
と思われるかもしれませんが、注意事項を守れば初めての方でも安心して体験が出来ます。

最初はドキドキしつつも、だんだんと慣れてきて楽しくなってきます。

はじめにスタッフの方がお手本を見せてくれるのですが、見ている時はすごく簡単そうに感じます。
ですが、実際自分がやってみると意外と形を綺麗に整えるのが難しく、職人さんの凄さを実感します。
特にガラスを両手でそれぞれ持ち、両方クルクルと回しながら溶かした部分が落ちないようにしつつ形を整えていくのが難しいです。
とはいえ、初めてでも全く形にならないわけではなく、少しずつコツも掴めてきます!
中には初めてでもすごく形が綺麗に整う方もいらっしゃるそうですよ。


次は「体験の魅力と詳細をご紹介」

ページ: 1 2
施設名きなりがらす 京橋店
住所大阪市都島区片町2-2-36
電話番号06-6351-9250
URLhttp://kinariglass.com
最寄り駅各線京橋駅
営業時間3月~10月 10:00~19:30/11月~2月 10:00~19:00

日・祝(通年)10:00~19:00
定休日金曜日
備考ご予約は、こちらより⇩
https://www.tonbodama.com/kinariweb/en/

※注意※
・一度の最大体験人数は4名まで
・お一人から利用可能
  • B!