春季特別展 「絞り染-布に咲く花-」

明治から昭和にかけて日々の衣服として用いられてた絞り染による着物や、現代の作家達による大型の絞り染作品をご紹介します。

絞り染は、布の一部を糸で絞る、括る、縫い締める、板で挟むなどして、染液の浸透を防いで染める技法です。
防染したい部分をひとつひとつ絞った後、染液に浸し、染め終わった布を解きほぐすと、模様が布の上に花開きます。
本展では、明治から昭和にかけて日々の衣服として用いられてた絞り染による着物や、現代の作家達による大型の絞り染作品をご紹介します。
地道な工程を経て開花する、絞り染の世界をお楽しみください。

情報元:大阪観光局

施設名大阪日本民芸館
住所吹田市千里万博公園10-5
電話番号 06-6877-1971
URLhttp://www.mingeikan-osaka.or.jp/exhibition/special/
開催期間2018年3月3日(土)~7月16日(月・祝)
10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日:水曜日
(ただし、3月21日(水・祝)は開館)
定休日一般700円
高大生450円
小中生100円

(20名以上は団体割引)

※障害者手帳などをお持ちの方は福祉割引が適応されます。
  • B!