DSCF5323

【大阪道頓堀】日本一古いおでん屋「たこ梅」~創業から170年続くお店~

DATE: 食べる/

古くから多くの人に好まれている伝統的な日本の料理「おでん」。
寒い冬などは特に「熱々のおでんを食べながら熱燗を飲むのが最高」という方も多いのではないでしょうか?

おでんは、地域などによって作り方・味付けが異なるものの、どの地域でも色あせることなく昔から親しみ続けられています。
お店によっても取り揃えている具材などが違いますよね。

今回は日本の伝統的な家庭料理でもある”おでん”に注目したいと思います。

そこで大阪の道頓堀にある、創業弘化元年(1844年)から続く日本一古いおでん屋「たこ梅」さんをご紹介します。

創業依頼170年以上続く「たこ梅」さん
~今も昔も変わらぬ味と空間を守り続けて~

たこ梅さんは、数々の小説にも登場し多数のメディアにも取り上げられている日本一古いおでん屋さんです。

店内は、木目を基調とした昔懐かしさが漂う空間です。
その中でも特に特徴的なのが、今は少なくなってしまったコの字型のカウンター。
たこ梅さんのコの字型のカウンターは、昔の日本橋(大阪)をイメージしているそうです。
カウンターの端には、あるものが設置されてありますが、それはお店に行って是非ご覧になってみてください。
私は最初それを見た時びっくりしました。「なぜここに?」と思ってしまうほど・・・笑

ずっと変わらぬ関東煮の絶品おでん


創業以来ずっと変わらぬ味を守り続けられているたこ梅さん。
その味は今も多くのファンを集めています。
中には、子供の頃に親に連れられ食べたたこ梅さんのおでんを、年を重ね久しぶりに訪れ食べた時、「これこれこれ、この味だ」と懐かしがられる方も多数いらっしゃるくらいです。
昔の味をずっと守り続けられているからこその感想ですね!

 

~たこ梅さんの人気のメニュー~


【右手前:さえずり/左手前:たこの甘露煮】

豊富なメニューの中でたこ梅さんの看板メニューなのが、「さえずり®」「たこの甘露煮」です。
実は、「さえずり®」はたこ梅さんの登録商標なんです!
初代岡田梅次郎さんが、初めて関東煮に鯨の舌を使い、お客様がそれを噛んでいる時の音が「小鳥のさえずりのようや!」と言い、洒落っ気で「さえずり」と名付けられたとのこと。
「さえずり®」「たこの甘露煮」といった看板メニューがおすすめなのはもちろんのこと、今回は実際に店長さんに聞いた常連さんの間で人気の商品を教えて頂けたのでご紹介します。
「常連さんに人気」とは、他でほとんど載せていないまさに知る人ぞ知るたこ梅さんのおすすめメニューです。

 

常連さんにひそかに人気のメニューとは・・・

それは・・・意外にも『わかめ』なんです。
じっくりと出汁の旨味を吸い込んだわかめは、噛むたびに口の中にジュワっと旨味が広がり、「たかがわかめ、されどわかめ」と言わさんばかりの存在感があります。
お酒との相性も抜群なので是非とも訪れた際は食べてみてください!

その他にも、4日間かけてじっくり仕込んでいる『こんにゃく』やインパクト抜群の特大『ひろうす(がんもどき)』などおすすめがたくさんあります。
具の種類は季節ものなども合わせると約30種ほどあるので、お酒の肴に美味しいおでんを味わってみてください♪
いかがでしたでしょうか?
周りのお店や建物はどんどん変わっていってしまってますが、たこ梅さんだけは同じ場所で今もずっと変わらず伝統の味を守り続けています。

今回取材させて頂いたのは「たこ梅 本店」さんですが、本店以外にも梅田駅周辺に、
「たこ梅 北店」「たこ梅 分店」「たこ梅 東店」の計4店舗を営んでいらっしゃいます。

どのお店もぜひ一度は行っていただみて頂きたいオススメのお店です。

たこ梅 本店さんがおすすめする時間帯

19時頃からは非常に混雑しますので、狙い目は17時の開店直後です!

 

系列店舗情報

【たこ梅 北店】
TEL:06-6311-5095
住所:大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街1F
【たこ梅 分店】
TEL:06-6311-3309
住所:大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街1F
【たこ梅 東店】
TEL:06-6311-6157
住所:大阪市北区角田町地下街2-3 ホワイティうめだ

施設名創業弦化元年『たこ梅』関東煮・たこ甘露煮の店(本店)
住所大阪市中央区道頓堀1-1-8
電話番号06-6211-6201
URLhttp://takoume.jp/
最寄り駅各線「日本橋」駅/各線「なんば」駅
営業時間■平日 17:00~22:50(LO22:30) ■土日 11:30~14:30(定食あり)     17:00~22:50(LO22:30)
定休日年末年始『12/31・1/1~1/3』

おすすめタグ