十日戎(今宮戎神社)(RGB)(noise_scale)(Level2)(x2.000000)

大阪イベントガイド_2018年1月号【注目イベント②】

DATE: イベント情報/

1月7日(日)
白馬神事


神馬の「白雪号」が各本宮を巡拝した後、境内を駆け廻る神事。
白毛の馬を「あおうま」と呼び、年始に白馬を見ると無病息災に過ごせると言い伝えられます。
住吉の神馬は、純血種道産子馬で赤い目をもつ珍しい白馬です。

[開催地]住吉大社 第一本宮前
[時 間]11:00~
[料 金]観覧無料
[問合せ]06-6672-0753(住吉大社)

 

1月9日(火)~11日(木)
十日戎(堀川戎神社)


商売繁盛を願う大阪北地域の最大の神事です。
神社は9日6時から11日深夜24時まで終日開門していて、いつでも参拝することができます。
また、社務所では、深夜にも商売繁盛とその他のお守り、おみくじを授与しています。

[開催地]堀川戎神社
[料 金]拝観無料
[問合せ]06-6311-8626(堀川戎神社)

 

1月9日(火)~11日(木)
十日戎(今宮戎神社)


9日宵戎、10日本戎、11日残り戎(残り福)の3日間行われ、商売繁盛の神様として信仰を集めています。
「商売繁盛で笹持ってこい」のお囃子のなか、福娘から笹を授かろうと、3日間で約100万人の参拝者が訪れます。

[開催地]今宮戎神社
[料 金]拝観無料
[問合せ]06-6643-0150(今宮戎神社)

1月14日(日)
どやどや


元旦から始まる修正会(その年の吉祥を祈願する仏事)の、結願(最終)の日に行われます。
堂内では厳粛な法要が、また、堂前では褌・鉢巻き姿の若者たちが、お札を奪い合う勇壮なお祭りです。

[開催地]四天王寺
[時 間]14:30~
[料 金]観覧無料 ※牛王宝印楊枝の授与(1本1,000円)
[問合せ]06-6771-0066(四天王寺)

 

1月14日(日)
大阪とんど祭


毎年小正月に、神への感謝の気持ちと、その年の豊作、無病無息を祈願して行うとんど祭。
市の重要無形文化財に指定され、大阪府下最大級の火祭りとして知られています。
15m以上の「とんど櫓」をお焚き上げする勇状な火祭りは見る人を魅了します。

[開催地]千里天神
[時 間]19:30~
[料 金]参拝無料
[問合せ]06-6834-5123(千里天神)

 

1月21日(日)
綱引神事


難波八阪神社の祭神でもある素戔鳴尊(すさのおのみこと)によるヤマタノオロチ退治の伝説に基づいて行われる年占いの行事です。
八頭八尾のオロチに見立てた29mの綱を左右に分れて引き合い、さらにその大綱を担いで街を巡行します。

[開催地]難波八阪神社
[時 間]祭典8:00~、綱打ち8:30~、境内での綱引きに続き巡行12:00~
[料 金]拝観無料
[問合せ]06-6641-1149(難波八阪神社)

開催中~2月5日(月)
ジブリの立体建造物展部分を見れば、全体が見える。


スタジオジブリの「建造物」が主役の展覧会。
「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、各作品に登場する建造物の背景画や美術ボード、美術設定といった制作資料約450点を公開。
また、代表的な建造物を立体で表現します。

[開催地]
あべのハルカス美術館
[時 間]10:00~20:00(最終入館19:30まで) ※1月1日(月・祝)の休館日を除き毎日開催
[料 金]一般1,500円、高・大学生1,100円、小・中学生500円、未就学児童無料
[問合せ]06-4390-9050(あべのハルカス美術館)

 

開催中~2月25日(日)
アゴーラ・スケートリンク


今年も「ホテル・アゴーラリージェンシー堺」に特設スケートリンクがオープンします。
夜間は、リンクのライトアップをはじめ、会場に設置されたLEDやイルミネーションツリーが幻想的な雰囲気を演出!
また、スケート教室などの期間限定イベントも随時開催される予定です。

[開催地]ホテル・アゴーラ リージェンシー堺 1Fポルタス広場
[時 間]16:00~20:00(土・日・祝、冬休み期間は11:00~。いずれも最終入場19:30まで)
[料 金]大人(中学生以上)1,000円、小人(小学生以下)800円
※貸スケート靴代含む
※ホテルレストラン利用券500円付(ご利用金額2,000円以上から適用)
[問合せ]072-224-6178(ホテル・アゴーラリージェンシー堺)

出典:大阪観光局