taki3

大阪のおすすめの滝 4選!自然を感じて気分爽快リフレッシュ!

DATE: 体験する/

大阪には大小合わせると50以上の滝が存在します。
その中で今回は、おすすめの滝を4つに絞ってご紹介します。
自然を感じて気分転換してみませんか?

 

 

1、箕面の滝

箕面大滝
まずは、大阪の滝と言えば、なんといっても一番有名な箕面市にある『箕面の大滝』。
1986年に「森林浴の森100選」にも選ばれた箕面公園の中にあり、年間を通じて多くの人々に親しまれています。
落差33mの箕面大滝は『日本の滝百選』にも選ばれています。
その流れ落ちる光景が、農具で使われる「箕」に似ていることもあり、『箕面大滝』と呼ばれるようになったそうです。
地名の由来もここから来ていると言われています。

阪急箕面駅からの「滝道」を散策しながらもよし、長時間歩きたくない方は「箕面 大日駐車場」に車を停めてそこから滝に向かうのがおすすめです。(※大日駐車場からの方が距離は短いですが、道のりは坂道となります。)
「滝道」からは徒歩約40分ほどで、「箕面 大日駐車場」からは徒歩約10分ほどで着きます。
どちらも、新緑・紅葉・雪景色など、四季折々の美しい表情を見ることが出来ます。

迫力・アクセスのしやすさ、どちらをとっても大阪を代表するおすすめの滝です!

もみ天ソフト

阪急箕面駅からの滝道には『箕面ビール』や箕面銘菓の『もみ天(紅葉の天婦羅)』を販売しているお店がありますので是非ご飲食してみてはいかがですか?。

夏は、箕面大滝そばにあるお店の「もみ天ソフト(紅葉の天婦羅がのったソフトクリーム)」がおすすめ。ソフトクリームを食べながら、身も心もリフレッシュ!

その他にも滝から流れる小川で水遊びが出来たり、箕面駅からの滝道にあるパワースポット「唐人戻岩(とうじんもどりいわ)」など見どころも盛り沢山!
ぜひ一度足を運んでみては!?

 

2、洸滝

洸滝

3、荒滝

荒滝

続いておすすめなのが、河内長野市滝畑にある『洸滝(写真上)と荒滝(写真下)』です。

滝畑には四十八もの滝があり、それらを『滝畑四十八滝』として知られています。
今回は特にアクセスが便利なおすすめの2つの滝をご紹介。

『洸滝』は、洸滝寺キャンプ場の中を奥へ進んでいくとすぐです。
河内長野市内から30分ほどの場所にも関わらず大自然が満喫でき、ロケーション的にも最高です♪
キャンプ場に車を停めることができ、滝の他にもバーベキューや滝から流れる水で貯められた貯水場で思いっきり水遊びを楽しむことが出来ます。施設も充実しており子供から大人まで安心して楽しめる場所です。
キャンプ場は、清掃協力費と駐車料金が必要となります。(駐車料金1000円・清掃協力費1人に付き200円)

『荒滝』は、洸滝寺キャンプ場からさらに登っていった先にある『荒滝キャンプ場』の中にあります。
小川のせせらぎ、小鳥のさえずりを聞きながらハイキングコースとして訪れるのもいいかもしれませんね。
樹木が伸びていて日陰が多い滝道ですが、荒滝の傍では樹木の間に少し隙間があり、そこから太陽の光が滝に向かって差し込んでいます。その光景は神秘的で、まるでエネルギーがそこに集中しているようにも感じれます。

滝畑には他にも『御光滝』や『大滝』などの有名な滝があります。
壮大な自然が織りなす滝と滝までの道のりを楽しみながら、自然の偉大さに触れてみてはいかがでしょうか!?

 

4、権現滝


最後にご紹介するのが、四条畷市にある『権現滝(ごんげんたき)』です。
『箕面大滝』や『滝畑四十八滝』に比べ、濡れることなく滝の傍まで行けて間近で滝を見ることが出来るのが権現滝の見どころ。

車などで近くまで訪れる場合は、「府民の森 むろいけ園地」に車を停めて『権現滝』に向かうのがおすすめ!

むろいけ園地から向かう道中に池があり、そこにかかる『かるがも橋』から見た光景はまるで熱帯雨林のようにも見えてきます!
駅から歩いて行く場合は、「なわて更生園」の方からも向かうことができます。
上流に向かって川沿いをずっと歩いていくことができるので、こちらからの方がとても歩きやすくておすすめです!
どちらの道のりからも途中に施設等がないので、水分補給の準備などしっかりしたうえで訪れることをおすすめします!

大阪には、他にも南河内郡の『鉄砲滝』など有名な滝がたくさんあります。
ぜひ大阪各地の滝巡りをしてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?